トップ
事務所紹介
税務コンテンツ一覧
相続コンテンツ一覧
補助金支援
コンサル・監査業務
よろず相談室
アクセス

監査業務はこちらから

コンサルティング業務




問題解決の第一歩は、自社の現状を知ることです。

自社の健康診断を行い、健康増進を図るための次なる一手を打つため

3つのステップ

むげん塾
経営ドッグ
みらいサポート


を踏んだお手伝いをさせて頂きます

 

 

第1ステップ

~幹部の意識・知識の向上を図るための幹部研修会(「むげん塾」の開催)
~

(1) 対象者
社長以下役員・幹部、幹部候補生
(2) 毎月1回3時間の集合研修
人間学、リーダーシップ、価値創造を半年で学ぶ
(3) 経営分析
「健康診断」ツールの活用

(4) 性格能力判定テストの実施
自己啓発ポイントの抽出
社内人材力の分析
(5) 使用テキスト
「プロフェッショナル幹部」
(6)各回のスケジュール
宿題発表、基本講義、討議・実習、発表、
レポート執筆

 

 
 
第2ステップ
~経営課題の整理と改善具体策検討(「経営ドッグ」の開催)
~

(1) 現状認識
面談、資料分析、現場実査などで実態を把握し課題を浮き彫りにする
(2) 価値判断の整理
改善の考え方・行動基準、数値基準、管理システム等を定める
(3)突破口作戦
改雪丁動の突破口を決め、短期・中期・長期の実行計画を設計する
(4)調査、分析、報告書作成、報告会まで約5ヶ月を予定する
 

 
 
第3ステップ
~改善活動を着実に前進させるための経営会議参画(みらいサポート)~

(1) アドバイザーとして月例会議に参画する
(2) 改善具体策で定めたことをベースに実戦展開を支援する
(3) 状況によりテーマ別研彦、臨時プロジェクトなどで補強
(4) 毎月訪問、トップ面談、会議参加・援助を行う期間を決定
  
 
 












 

監査業務



監査は、公認会計士だけに認められる独占業務です。

企業の決算書が正しく作成されているかを独立した第三者の立場からチェックし、
監査意見を表明することでその情報の信頼性を確保し、
企業の社会的信用を高める役割を果たします。

公認会計士が社会的に重要な役割を果たしていると言われる理由はここにあります。




公認会計士がカバーできる業務は幅広いですが、メインの仕事は独占業務である監査です。
請け負う内容としては主に「法定監査」と「それ以外の監査」に分けられます。

法定監査とは、金融商品取引法や会社法などの法律で対象となる企業等に義務付けられている監査のことです。
政治資金規正法に基づく登録政治資金監査人監査や私立学校振興助成法に基づく学校法人監査なども法定監査に含まれます。

公認会計士の監査は、企業の信頼性と透明性を確保し、健全な成長をサポートします。

ぜひ当事務所にご相談ください。



戻るトップへ戻る